札幌のリフォームと「家相100点の家」の住み心地
A8アフィリエイトインプレッションタグ
札幌リフォーム technique, knowledge & concept 札幌市・中央区・北区・東区・白石区・豊平区・西区・南区・厚別区・手稲区・清田区のリフォーム
 ■サイトマップ


札幌のリフォームと「家相100点の家」の住み心地

こんにちは、札幌 リフォーム・ラボです。

前回の家相へのこだわりの話について、多くの感想をいただきました。札幌で新築注文住宅を建てる、あるいは中古住宅購入と同時にフルリノベーションをご検討中の皆さまはどのようにお感じになられたでしょうか。「他にも家相にまつわる話があるのですか」とのご質問がありましたので、今回も引き続き、家相とお金の関係について事例をご紹介します。

□高価な買い物の陰にはいつも怪しげな話が・・・
こちらもある有名な家相の先生の実話です。
家相を見てもらう時には、A3用紙に敷地と平面図を描いたものを使いますが、お客さまの建築予定地は面積が大きく、不整形の土地でした。そこで札幌 リフォーム・ラボ担当者は、用紙内にうまく配置できるよう用紙の対角線を利用して斜めに描き、方位を示す記号を入れて、左に45度傾いていることを表示しました。家相診断がはじまり、先生が用紙の上を北側にして基準点を取ろうとしたので「あっ先生、この図面は45度傾いているので、北はこちらです」と説明しました。「ああ、分かりました」と先生は言うものの、また同じやり方で誤った基準点を取ろうとしています。そこで札幌 リフォーム・ラボ担当者は「これなら北が上になります」と用紙を傾けました。しかし、先生はやはり用紙を横長に置いて家相を見ています。思わず用紙を手で押さえ「こうですから」とずらすと、「手が邪魔だ!」と怒鳴られてしまいました。

つまり、先生は方位の見方が分からなかったのです。結局、方位の取り方が間違ったまま家相を見てもらうこととなり、帰路につくことに。お客さまは「大変でしたね。もう家相はいいです。以前提案してもらったリフォームのプランで進めてください」と言いました。

札幌でも高価な買い物の陰にはいつも怪しげな話があります。こんなとんでもない家相の先生もいました。家相診断してもらおうと図面を差し出すなり

「この図面はどこの住宅会社のものだ」

と聞いてきます。
「○○○社です」と言うと、「『○○○社』は絶対にダメ、『△△△社』にしなさい」と、明らかに △△△社からバックマージンをもらっているであろう助言が。なぜそうなのかと理由を聞くと外来語がどうのこうのと言い、とても理解できません。納得できる根拠が示されない以上、陰で 「△△△社とつながっているのでは・・・」と疑われても仕方ないような発言です。

家相に関する本はたくさん出ていますから、ご自分で調べるのも有効です。ただし、内容は千差万別で、どの本を手にするかで家づくりが大きく変わる場合があることを知っておかなければなりません。

例えば
「昔、2階はなかったのだから1階部分だけをみればいい」というものや

「要するに気持ちの問題であるから生活を正しなさい」と精神論で結論づけているもの

「かつてはトイレの位置が問題だったが、水洗トイレが普及した今では家相は意味をなさない」というものなど、実にさまざまです。

1つも問題のない家相100点の家は、結局、水廻りを母屋の外に配置した”田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家”のような、現実的には住みにくい家になってしまうでしょう。

もちろん、家相を否定しているのではありません。一番高い買い物のマイホーム、人まかせではなく学ぶ労を惜しんではならないということです。

札幌 リフォーム・ラボでは根拠ある適正な安心低価格で住宅・マンションから札幌の美容室の新規開業や店舗の改装までデザイン性に優れたリフォームや新築注文住宅をご提案しています。

こだわりのデザイナーズリフォームやワンランク上のスタイリッシュな注文住宅をご検討中の札幌にお住まいの皆様、お気軽にお問い合わせください!
ただいま無料見積り好評受付中です!



▲Pagetop




北海道札幌市中央区・北区・東区・白石区・豊平区・西区・南区・厚別区・手稲区・清田区を中心に
住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている札幌リフォームです。札幌市のリフォームはお任せ下さい。

札幌でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。

© 札幌 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.