札幌でリフォームローンの「借りられるお金」は「返せるお金」ではない!
A8アフィリエイトインプレッションタグ
札幌リフォーム technique, knowledge & concept 札幌市・中央区・北区・東区・白石区・豊平区・西区・南区・厚別区・手稲区・清田区のリフォーム
 ■サイトマップ


リフォームをする際には複数業者の比較が必須です。

札幌でリフォームローンの「借りられるお金」は「返せるお金」ではない!

札幌でリフォームローン

札幌の金融機関はローンを借りようとする人を審査し、融資の可否や融資額を決めますが、その審査基準の一つに「返済負担率」があります。リフォームを検討している皆さんの年間リフォームローン返済額が税込年収に対してどれぐらいの割合を占めているのかをみるものです。ただし、札幌の金融機関からの「借りられるお金」とは「税込年収」を根拠として、金融機関が職業属性と返済負担率を勘案して決める借入限度額であるのに対して、札幌の皆さんの「返せるお金」とは「可処分所得」(=年収から税金や社会保険料を差し引いた自由に使えるお金)を根拠に、リフォームローンを借りた皆さんが無理なく返済し続けることができる金額を意味しています。

つまり、「借りられるお金」と「返せるお金」は必ずしも同じではないのです。札幌にお住まいのご家庭ごとに「返せるお金」を把握し、適切な借入額に基づく資金計画の範囲でリフォームを考えるようにしましょう。住宅資金はさらに「札幌でリフォームするか、新築注文住宅を建てるか」という住居形態の選択でも操作が可能な資金です。

このタイプの選択や操作によって皆さんのライフプランの資金計画にゆとりを作ることができます。例えば「札幌で新築注文住宅を建てる」それとも「新築マンションを購入する」か。あるいは「札幌で中古住宅を購入と同時にフルリフォーム」それとも「中古マンションを購入してスケルトンリフォーム」か。さらに「現在住んでいる戸建住宅に生活しながらリフォーム」それとも「現在住んでいるマンションに生活しながらリフォーム」する、のいずれを選択するかによって、札幌での生活における住居関連費用の総額の調整が可能となるのです。

このようにライフプランの考え方をもとに、札幌でリフォームするご家庭のライフスタイルに合わせた安心できる住空間をご検討してみてください。
札幌の戸建住宅やマンション、店舗、オフィスビルのリフォームはとても高価な買い物となります。札幌リフォーム・ラボでは札幌にお住まいの皆さんにリフォームに関する細かい部分まで、ご納得いただけるまで丁寧にご説明させていただきます。札幌で活躍するリフォーム専門のデザイナーや現場の匠たちが皆さまにご満足いただけるリフォームをご提案いたします。札幌の戸建住宅やマンションだけでなく、店舗やオフィスのデザイン性に優れたリフォームも得意とする「札幌リフォーム・ラボ」。こだわりのデザイナーズリフォームにご興味を持たれた方は是非一度「札幌リフォーム・ラボ」お気軽にお問い合わせください!

札幌でスタイリッシュリフォームをお考えの皆さん、札幌リフォーム・ラボへお任せ下さい。

札幌の実績豊富なリフォーム専門会社「札幌リフォーム・ラボ」では、札幌にお住まいの皆さまにご納得いただける価格で、デザイン性に優れたリフォームをご提案しています。札幌リフォーム・ラボは戸建住宅やマンションからテナント・店舗やお店、オフィスビルまで、札幌の幅広い用途の建物のリフォームを得意としています。

また、既存の建物に新たな価値を創造して再生させたり、最有効用途への変更を目的としたリノベーションやコンバージョンなどのフルリフォーム施工実績やノウハウも豊富にございます。最近では、札幌のデザイナーズ美容室の新装開店やリフォームのお問い合わせやご紹介も多く、人気店輩出のお手伝いもさせていただいております。

札幌のリフォームを成功に導くライフプランの考え方

札幌リフォーム・ラボでは、札幌にお住まいの皆さんへリフォームのご提案をする際、特にこだわる点があります。それはライフプランの考え方を取り入れたリフォーム。札幌で戸建住宅リフォームやマンションリフォームなどをご検討される際、各ご家庭のライフイベント(家族の行事ごと)を時系列に表に書き出し、今後いつごろ、どれだけの資金が必要になるのか、そして札幌でのリフォーム費用にどれぐらい配分できるのかを把握することを重要視し、まず今後計画的に貯蓄できるリフォーム予算を算出します。

札幌での生活やリフォームに対するに漠然としたお金の「不安」を、努力や工夫によって解決できる「目標」に変えておけば、常に前向きな気持ちで行動でき、札幌でのリフォーム計画も楽しいものになります。

札幌のご家庭の教育資金のピークはいつ?
ライフプランでは、まず子育てに必要となる「教育資金」について考えます。仮に高校が私立、大学が私立で一人暮らしとなると、一人当たりの教育費が2,000万円を超えてしまいます。また、札幌でも教育費の物価上昇率は非常に高いので、前もって計画をたてることが大切です。このような総額が大きい教育資金にも一つ良い点があります。

 それは計画がたてやすいということ。なぜなら、お子さんが「オギャー」と生まれた瞬間に、「今から何年後に義務教育はじまる」「今から何年後に高校入学」といった具合に、札幌での生活のどのタイミングでお金が必要になるか、スケジュールが自動的に決まってくるからです。よって、早めの行動で無理のない教育費対策をたてておくことが重要になります。

札幌でも高齢化。老後資金は早めに準備しましょう

「老後資金」も早めに対策を講じておきたいものです。

札幌でも定年後も生活レベルを落とさずに生活していくためには、夫婦2人で少なくとも月25万円が必要だというデータがあります。世界有数の長寿国日本ですが、札幌でも例外なくお金の面から考えれば、多くの老後資金を必要とする現実があります。

しかし、勤めている会社の定年が60歳または65歳と決まっていれば、「何年後から老後がはじまる」と現在から老後の生活費がはじまるまでのスケジュールが分かりますので、老後をむかえるまでの時間を逆算し、無理のない老後資金の準備ができるよう計画がたてることが重要となります。

札幌でのリフォーム資金だけが操作できるでは、札幌で計画している

新築注文住宅やリフォームなどの「住宅資金」はどうでしょうか。実はこの資金、家族構成や年齢によってスケジュールが固定される上記教育資金や老後資金に対して、札幌でのリフォーム資金「住宅資金(=ローン)」だけが唯一自分で操作可能な資金なのです。

例えば、変動や固定などリフォーム金利タイプの選択、リフォーム時期をいつにするか、さらに繰り上げ返済の時期や回数、返済期間の設定をどれぐらいにするか、といった具合に、他の資金とバランスを取りながらリフォーム資金を操作・選択ができるのです。札幌の金融機関に勧められるがままローンを組むことはせず、かならず検証しましょう。



▲Pagetop


北海道札幌市中央区・北区・東区・白石区・豊平区・西区・南区・厚別区・手稲区・清田区を中心に
住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっている札幌リフォームです。札幌市のリフォームはお任せ下さい。

札幌でのリフォームは、他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを安心低価でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。

© 札幌 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.